読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SGパパの子育てブログ

2児の子育てパパの日常のブログです。

しかけ絵本

f:id:sg-papa:20170314231131j:image

「ぼうしとったら」

(作・tupera tupera 販売元・Gakken)

 

おとこのこの

ぼうし

とったら

で、始まり折り返しの帽子を上げると「かえる」がケロケロといます。

このような感じで、様々な登場人物の帽子を取るといろんなことがおきます。

 

作者のtupera tupera(ツペラ ツペラ)さんですが

・亀山 達矢氏と中川 敦子氏の2人のユニット

・よく見ると絵が布地を使用している(それがまたいい味を出している)

・後に紹介する「しろくまのパンツ」で絵本の賞を各受賞

 

ウチのタロウくんが2歳前に購入しましたが、何度も「よんでー」とリクエストがありました。

 

次、

 

f:id:sg-papa:20170314233418j:image

しろくまのパンツ」

(作・tupera tupera 販売元・ブロンズ新社)

しろくまがパンツを無くしてしまい、相棒のねずみさんと探しに行くストーリーです。

 

ウチは、捨てしまいましたがこの本の帯はパンツの形をしていて、簡単には本屋で試し読みができません(笑)

 

先に紹介した「ぼうしとったら」が好評だったことと、この絵本が各賞を受賞しているとPOPを見た為、購入しました。

購入当初はタロウくんも気に入っていましたが、最近は本棚で眠っています。

 

しかけ絵本は、普通の絵本に比べ割高です。

 

「ぼうしとったら」1026円(税込)

しろくまのパンツ」1512円(税込)

 

他にもしかけ絵本はありますが、我が家の使用頻度でいうと、「ぼうしとったら」がダントツです。

大きい本屋に行くと、試し読みができる場合があるので手に取ってお子さんの反応を見てから購入するのがオススメです。